RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
江川太郎左衛門英龍(坦庵)の魅力を探るPart3

 Part2で紹介しました土間には、北側中央に大きなかまどがあります。

土間から屋根裏を見上げると、一番高い位置に木箱があるのが見える。

この箱には日蓮上人直筆の曼陀羅が棟札として納められていて、その霊験により

江川邸は今日まで火災にあった事がないと伝えられる。

ガイドさんのお話によると、これだけの代官屋敷を昔のまま保存するのは、並大抵ではない

金額と、大変な労力が費やされているそうです。

ガイドさんの熱弁にも、偉大な人物が郷土に存在したという誇りが伝わり感動的でした。


江川邸主屋の屋根裏の造りと、土間の広さに感激しつつ、次は主屋内の見学です。


部屋の内部は、資料館として、数々の書画や詩文など貴重な品々が展示されています。


入室はできませんが、庭園に囲まれた書院です。


この奥の間が、「塾の間」といい、塾生たちから「韮山塾」と呼ばれ、砲術に関連する
様々な学科が教授され、実地訓練も行われた。

英龍は、「敬慎第一、実用専務」の考え方により、人材の育成に、もっとも力を入れていた。
「塾の間」より輩出した次代の人材が、明治維新後の日本を形作っていく、大きな力となった。

かつて江川邸を訪れた建築家白井せいいちは、江川邸を「茅山が動いてきたかのような
茫漠たる屋根と大地から生え出た大木の柱群、ことに洪水になだれ打つごとき、
荒々しい架構の格闘と、これに覆われた大洞窟にも似ている空間」と表現した。


次に、郷土資料館には、注目のこちらの煌びやかな袴が展示されていました。
長年のガイドさんでも、こちらの袴の展示は初めてと言ってました。
国文祭に向けての、特別展示だったようです。

この袴は、下田に入津して許可なく測量などを行っていた英国船マリナー号の退帆交渉を
命じられた英龍が、交渉に臨む際に身につけたといわれる袴。交渉は無事成功した。
普段は木綿のものしか着ず、冬でも薄着でとうし、生活は質素な暮らしをしていたが、
必要な時には出費をおしまなかった。


英龍が韮山代官となった翌年(1836年)は大規模な一揆が発生するなど、社会は

より不安定な状態へと傾いていった。英龍は、自ら率先して質素倹約に努め、部下たちにも

勤務精励と徹底した節約を求めました。

英龍が質素倹約に努めていた事がうかがえます。


英龍氏の数々の功績

 幕府に対する沿岸防備の建議、農兵制度(近代的な兵制)の建議と農兵訓練

 西洋の砲術の研究と訓練、測量技術の研究と実施、東京湾お台場(沿岸防備の為の砲台)

 や韮山の反射炉築造に関する提案と実行、パン(兵糧として)の最初の製造、戸田村での

 最初の西洋式造船の監督、そして江川塾における教育など、極めて多くの事を行って

 いるが、すべて憂国の思いからであった。

 同時に彼は、欧米の共和制、民主主義にも深い関心を寄せる。

 また英龍は、代官として民政に心を配り、村々を巡回して窮民の救済にあたった。

 巧みな行政手腕により村々を立ち直らせ領民から、「世直し江川大明神」と敬われた。

 広い地域に対して行政として初めて種痘を行い、領民を天然痘の流行から守ったのも

 彼であった。一方では多彩な余技を持つ文化人であり数多くの書画、詩作、

 工芸品などを残している。



安政2年ペリー来航以後の絶え間ない激務によって身体を損なった英龍は、

容態急変により、江戸本所の屋敷で息を引き取りました。

度重なる江戸への出張も重なり、今で言う、過労死だったそうです。

54歳という彼の突然の早すぎた死に、惜しむ声が絶えることはなかった。

しかし、英龍が手がけたこと、伝えようとしたものは、確実に受け継がれていきました。



バスツアーの僅か2時間の間に英龍氏の功績の数々、国や領民を思う心、多彩な趣味、

など、英龍氏の魅力溢れる人柄に引き込まれた,有意義な時間となりました。

最後に英龍座右の銘

蛮社の獄や高島秋帆の捕縛など、志を同じくする人々が弾圧されたり、自らも幕閣から

遠ざけられるなど、不遇の時期にあっても、英龍は強引に時局を動かそうとはせず、

じっと耐えています。

これも、母の教えから得たところによるのでしょう。


ガイドさんのお話を元に、数枚の資料からも抜粋させて頂き、

江川太郎左衛門英龍(坦庵)を大まかに紹介させて頂きました。

魅力溢れる人柄は、まだまだ紹介しきれませんが、

少しでも、伝わっていただけたら、幸いです。











 

author:asakasou, category:歴史, 21:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:05
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://asakasou.jugem.jp/trackback/41